アジアンライズジャパンのサービス

アジアンライズジャパンでは、以下の事業を柱として日本経済の活性化及び日中両国の懸け橋となることを目的とし、御社事業を成功に導きます。

①コピー商品対策コンサルティング

日本企業は、労力、時間、資金をかけて商品をビジネス化したとしても、文化の違いよりすぐにコピー商品に悩まされてしまうといった現状です。アジアンライズジャパンでは、以下の取組により、日本の知的財産権を守ります。

何故中国でコピー商品が売れる?

コピー商品が氾濫

中国コピー商品概要

業者の分類
中国コピー商品業者の変遷
年代 製造業者 販売業者 中国成否動向
1980 ・広州に集中、技術力がなく、粗悪品が多い
・香港コピー商品業者の依頼を受けて製造
・余った品を大陸に横流しする
・固定店舗を構える
・複数ブランドの模倣品を販売
・法規制はない
・取り締まる方針はない
1990 ・広州から福建省、広西省に広がり、外国から 機械を輸入、技術力アップとともに品質が向上
・大陸向けの製造を本格的に
・固定店舗を構える
・複数ブランドの模倣品を販売
・規定を定める
・取り締まる方針はあるが、 実行に至っていない
2000 ・貴州省、江西省など賃金が安い地区に広がる
・元ブランドメーカーの職人を雇用、品質向上
・ネットショップが台頭
・複数ブランドの模倣品を販売
・取り締まる方針
・徐々に力を入れるが、 実績は上がっていない
現在 ・賃金が安い地区に更に広がり、技術力も進化
・模倣するブランドの種類も年々増加
・ネットショップが急激に増加、 あらゆるブランドの模倣品を販売 ・世界へ向けて、取り締まりをアピールするが、氷山の一角

中国コピー商品対策

違法コピー商品の製造業者を取締まる

メーカー様は高い技術力を活かし、簡単に模倣できないパッケージの工夫をご提案させて頂くとともに、アジアンライズジャパンでは日本企業から委託を受け、中国IT専門部および弁護士と連携し、中国現地でコピー商品違法業者のホームページを閉鎖致します。また、コピー商品製造業者のオーナーと面談を重ね、コピー商品の製造停止を要請するといった取り組みを行います。

まずはお気軽にご相談ください! メールはこちら

PageTop